正しいパッチテストのやり方

美容師の方でも意外とパッチテストの事を知らない事が多い為、

良かったら参考にして下さい。

パッチテストのやり方

必ずカラーする時は毎回して下さい。

カラーする48時間前に行う!

パッチテストは染毛剤にかぶれる体質かどうか調べるテスト!前回が大丈夫でも体質は日々変化しますので必ず毎回行う必要があります。
スポンサーリンク

用意するもの

実際に染めようとしているヘアカラーの1剤と2剤を用意

手順

1、1剤と2剤を混ぜてカラーの用意

2、腕の内側に10円玉ぐらいの大きさで塗布

3、乾くまでは他につかないように注意

絆創膏を貼る方が多いですが、貼らずにそのまま放置して下さい。

4、30分後と48時間後にチェック

その時に、発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激などが途中で出た場合はすぐに流して下さい。

以上がない場合は48時間後にカラーをして下さい!

塗布30分くらい後の観察

即効性のアレルギー反応のチェックになります。反応はかゆみ・発赤・蚊に刺されたような腫れが出てきます。その時はすぐに流して下さい。

塗布48時間後の観察

遅延型のアレルギー反応のチェックとなります。48時間後に1番強い反応が出ます。かゆみ、発疹、発赤などが出ます。この場合もすぐに洗い流して下さい、

アレルギー反応が出た場合はカラーはせず、コンディションがよくなってから再度パッチテストを行うか、アルカリ以外のカラー剤でカラーをしてください。




気になる記事はシェアをお願いします

最新情報をアップしますのでフォローお願いします